コウタロウ 日記

■3歳■ 大お爺ちゃんの四十九日

先日、7月に亡くなったお爺ちゃんの、四十九日にコウタロウも私も参列しました。コウタロウにとっては大おじいちゃん。生きている間に顔をあわすことができなかったことを後悔しています。

私も本当に久しぶりの訪問となり、長い間顔をあわすことができなかった大おばあちゃん、おじさんに、おばさん、いとこと一緒に時間を共有できたことは、とても有意義な時間となりました。みんなでお爺ちゃんが亡くなったことを共有し、この四十九日のあとも、父から昔の話などを聞く機会があり、いろいろなことを考えさせられました。

昔と変わらず、元気な大おばあちゃんを取り巻きながら、ひ孫までいっしょに大家族でいる賑やかさがいいなー、今の少子化にはあまりない光景があり、懐かしい思いです。

大お爺ちゃんも、きっとみんなに見守られながらこの世を去ることができたんだな、ふと安心させられました。これからもみんなを見守っていてくださいね。では。
[PR]



# by kawa-hira | 2007-09-06 23:24 | 3歳

■3歳■ 日本の良さを再確認

自分が幼かった頃はあまり感じなかったけれど、大人になって・・・とくに子供ができて日本の文化や日本の良さを感じることが多くなった気がします。

というよりは、コウタロウと出会う出来事ひとつひとつを、じっくり感じ取ろうとするからなのでしょうか。

七夕さまでは、笹の葉に手作りの短冊をつけてみたり、カーっと暑くなった日からせみが鳴きだしたり、盆踊りで太鼓の音に聞き入ったり、夏の夜のお祭りの提灯がなんともいえなく素敵に感じたり、神社の木の下でカキ氷を食べたり・・・・・。
東京にいるとはいえども、日本は自然と一緒に共存しながら暮らしているんだな、と感じたりもしました。自然の移り変わりを肌で感じるのがとても心地よく感じます。

この夏は、わたしが仕事でも、ばーばやじーじと一緒に過ごす時間も多く、コウタロウもそんな日本の夏を肌で感じてくれたらなと思います。
[PR]



# by kawa-hira | 2007-08-28 00:58 | 3歳

■3歳■ ゆかたでルンルンです

b0015047_047016.jpg

3歳7ヶ月も過ぎ、なんとなく私達おとなの会話に入り込むようになってきたコウタロウです。この夏は、コウタロウに浴衣を買ってあげました。

本当は甚平にしようと思いましたが、相撲好きの彼には同じお相撲さんが着てるような浴衣をとても気に入るはず・・・と思ったのと、浴衣は90センチのものですが、かなり長く着れるようになっているので、お買い得なのです。

浴衣を着たコウタロウは、やはりルンルン気分で即お散歩に行きました。町で出会うおばさんやいろいろな人に声をかけてもらい、さらにテンションが高まります。喜んでもらえてよかった、よかった。
[PR]



# by kawa-hira | 2007-08-28 00:45 | 3歳

おじいちゃんが亡くなった

ちょうど一週間前の、2007年7月11日。父方のおじいちゃんが亡くなりました。
東京には住んでいないため、父方の祖父母には会う機会は少なかったなぁ。

おじいちゃん、
たくさんの孫の中で、私のことなんて小さな存在だったかもしれないけれど、幼い頃、大きな声で私を膝に乗せて笑かしてくれたこと、なんだか今でもよく覚えています。
なぜだか分らないけど、ほんの数日いっしょに過ごしたときのことです。

そのときのこと、おじいちゃんの笑い顔を今でも覚えています。

お父さんでも、お母さんでもない、"おじいちゃん"や"おばあちゃん"のぬくもりかもしれません。ジージやバーバの存在の大切さに気付かされました。

おじいちゃん、
安らかにお眠りください。
そして天国でおばあちゃんをはじめ、みんなを見守っていてくださいね。
[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-18 23:53 | 3歳

お父さんも育児参加

少子化問題を考えるとき、女性が働きやすい、育てやすい、ということは必ずや語られるところですが、それは「女性」に限った話しではないのですよね。最近つくづくそう思います。

まだまだ女性中心で育てるのがあったり前!というのが根底にあるから、「誰でも育児しやすい」という流れにならない。女性のなかにも、「てつだってくれる夫」がエライ!という意識がある方が多いと思う。

幼稚園で、毎日子供の送り迎えをしているお父さんがいるのですが、お母さん方からも「えらいわねー。尊敬するわねー」と言われています。確かに送り迎えをすべて担っているのは素晴らしい!と思うものの、もっとお父さん方が参加する社会になっても・・・と思わずにはいられません。

私の会社にも進んで娘の学校のことを担っている男性がいて、登校の時間調整のために出社時間も30分ずらしていたり、PTAに参加しているので卒業式などはかかせなかったり・・・そんな行動にケチをつける人もいたりするのですが、やることやってればいいんじゃない?と私は思います。それを認めてあげる社会を私達が作っていかないことには、男性の育児参加はないし、女性が育児の中心から離れられない、しいては発展がないのでは・・・。

今日も午後から早退した彼の後ろ姿を見て、心の中で「ガンバレ!」と応援しました。だって、長い通勤時間を使って会社へ来て、また子供の学校に参加する、それだけで大変なことだと思います。(今日半休されてた理由がそうじゃなかったら恥ずかしいのだけど・・・・・)

お互いが支えあう、という考えが基本だと思う。
[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-07 00:51 | 3歳

幼稚園て「お母さん」の世界!?

幼稚園に通うようになってまず「何かがちがう、保育園と!」と思ったのは、「おんなのせかい」ということです。

そう、幼稚園は「お母さんたちのせかい」なのです。
保育園では働く家庭がほとんどだし、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん・・・色々な方が迎えにきたり、連れてきたりします。行事もそうです。
ですが、幼稚園は9時ではじまり、2時で終わってしまうので、それに対応するのはお母さんなのですね。時間外保育の朝8時くらいに来るかたは、仕事を持っているので夫婦で一緒に連れてきたりしています。

まぁ、悪いことではないですね。お母さん方もとても生き生きと楽しそうな表情をしているし。ただ、もし私が今夫と暮らしていたなら、保護者会とかお迎えとか、お任せすることもあるだろうけど、そのとき男性も参加しやすい雰囲気(つまり、もっとお父さんがいても・・・)になっていてもいいのに・・・と思ったりして。先日新聞に、同じようなことが掲載されていました。

小学校へあがって、「お母さんの世界」なのでもっと普通に父親が半休して保護者会とか、面談とか、行っても(行きやすくなっても)よいのでは?と書かれていました。
[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-07 00:28 | 3歳

千鳥が淵を独り占め

b0015047_061834.jpg先日のお休みでは、桜の季節に超満員で断念した、千鳥が淵のボートを乗りに行こう!ということで、朝11時オープンにあわせて足を運びました。

誰も、人っ子ひとりいなくて、千鳥が淵は、私達家族3人とボート係りのおじさんたちのみ。桜は散って緑だけでしたが、独り占め状態に満足しました。また、パパの上手なボート漕ぎに、コウタロウも楽しめた様子。

そして、千鳥が淵をまたがって走っている首都高速から、ゆっくり走るトラック数台のお兄さん達に、続けてクラクションと、手を振ってもらい、楽しかったー♪
[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-07 00:06 | 3歳

やっぱり動物園だいすき

とある日曜日、コウタロウが「ゾウさん!ゾウさん!」とあまりにもせがむので、約一年ぶりに、「市原ぞうのくに」という動物園へ遊びに行きました。

2才のときに来た時は寒くて、コウタロウもゾウさんを見ても理解しきれなかった部分があったようでしたが、今回はとても大喜びしてくれました!
ゾウさんやきりんさん、ヤギさんにも餌をあげられるのです。といっても、ヤギがせまってきたときには、かなり引きつった顔を見せてくれましたけどねっ。

小規模ではあるものの、動物との距離が近くで小さい子供にはとても良いサイズです。ひとつおしかったのは、ゾウの背中に乗れる!と楽しみにしていた私達でしたが、朝いちに予約切れしてしまったとのこと。

またひとつ楽しい思い出づくりができました。

b0015047_23572221.jpg
b0015047_23573154.jpg
b0015047_2357395.jpg
b0015047_23574895.jpg

[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-06 23:59 | 3歳

楽しい旧メンバーとの飲み会

わたしのいる会社は、出向者が多く、とても人事異動が激しい会社で、あーっという間に私もフルカブになりつつあります。先日は、私の産休前の部にいた旧メンバーの方々と飲む機会がありました。

昔の思い出話や、今いる会社での仕事のこと、自分の生活のこと、などなど、いろいろなお話をみなさんとすることができとても有意義でした。
旧本部長が、
「あの部の時代は大変な時期だったし、面倒なことも多かったけど、楽しかった。離れてみると、いろいろと実になったなぁーと思うよ。」
と言ってくれたのがとても嬉しかったです。

あと、あるUさんの会話にN君が
「えーでも頭下げてると人間不信になりますよね」と返したあと、Uさんが、
「うううん。人間好きだからできるんだと思うよ。必ず人はいいものを持っているはずだからね」とおっしゃったのが印象的でした。お客様と触れ合う仕事をする夫も、こんなふうに思っているのかなーもしかしたら。夫の姿をUさんに投影して感心しちゃいました。

たまにはお酒を飲んで、いろんな人の話に耳をかたむけるって必要だなぁとおもった一日でした。
一番会いたかったNさん!次回は来てね!
[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-06 23:29 | *ワーキングマザー*

セミナー参加。とても有意義でした。

あるイベントで、女性が集まってお話を伺いながら、グループごとに分かれてあるテーマを発表したりするセミナーに、先日進められるがままに出席させていただきました。

同じ業種なので色々と感じる事、またこうなってゆけばいいねーということをお話でき、自分の仕事に対してもやる気がでました。また姉の住む安曇野地方の方も同じグループにいてお友達になれて、なんだかとても親近感が湧きました。

業種については詳しく書けませんが、やはり女性として、地域に住むひとりの人間として、地域に住む人の役に立つことができたら・・・いや、地域の人と一緒にその地域を活性化してゆくことができたら、なんて幸せなのかしら。そんなふうに考えたりしました。

わたしが思っただけではどうにもならないことですが、もっと自分のいる会社が・・・このセミナーに参加したすべての企業がよくなってゆけば良いな、と思いました。

いつもオフィスでパソコンに向かって仕事している私にとっては、とても有意義な時間を過ごす事ができたのでした。グループの発表では少しあがってしまったけれど、みなさんと楽しく過ごせた事を幸せに思います。

最後に・・・
松本の○○さん!keep in touch!
[PR]



# by kawa-hira | 2007-07-06 23:07 | *ワーキングマザー*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧