コウタロウ 日記

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧




■1歳10ヶ月■ あともう少しでママになる姉。お互い頑張ろう!

少し鼻かぜ気味が治りきっていなかったコウタロウを連れて、出産間近の姉のいる実家を訪問し、大ヒンシュクをかってしまい、反省&落ち込み気分。本当は、何よりも少し緊張しているであろう姉をリラックスできるよう、たくさんお話ししたかったのに・・・。

・風邪気味だったコウタロウを紅葉散歩に連れまわした!
・バギーでお昼寝したときちゃんと暖かくしてあげてたの!
・あなたみたいにちゃらんぽらんで仕事ができる環境ではなく、お姉ちゃんは大変なところで妊娠しながら働いてきたのよ!あなたとは違うのよ!
・ブログに頑張ってるとか書いてるけど、こうちゃんが頑張っているのであって、あなたは何を頑張ってるっていうの?
エトセトラ、エトセトラ・・・

とにかく非難をたくさん浴びて、日曜の朝早くに夫に迎えに来てもらい、なるべくコウタロウを実家にいさせないようにしなくてはと思い、帰宅したのでした。姉についている母も少しピリピリ緊張が伝わってきました。

コウタロウの風邪(少しの咳と少しの鼻水)は、おそらく来年の春を迎える頃まで治らないと思います。だって保育園に行っていれば、みんなそんな状態だもの。完璧に治るなんてナイと思ってます。・・・・そうすると・・・・もしかしたら、姉の出産後、病院にさえ行って面会もできないの?もう実家に行って楽しく過ごせないの?そんな思いが、少し私をガクンとさせています。

あともう少しでママになる姉に、少しでもついていたかったけれど、コウタロウがいるから難しいのかもしれません。とにかく、心から無事出産できるよう祈ることが、私にできることです。そしてお互いママになったもの同士、いろいろと大変なことは出てくるけど、お互いに頑張ろうね!
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-29 00:57 | 1歳10ヶ月

■1歳10ヶ月■ 東京も秋一色・・

週末は、もう出産を間近に控えた姉のために買っておいた育児用品を届けるのと、紅葉めぐりを兼ねて、実家に1泊しました。いつもより少し早めに電車に乗り、午前中に代々木公園へ足を運びました。そういえば去年と同じ日に、代々木公園に遊びに来たっけな。懐かしい。だって、まだ歩けないコウタロウは、目を葉っぱのある地面に集中させ、ハイハイをして、カサカサする葉っぱの音を楽しんでいたっけ。1年でこんなに成長してしまうとは。

その後、外苑銀杏並木、四谷の迎賓館前のポプラ並木を見て、たくさん素敵な空気を吸収して実家へ向いました。

毎年鮮やかな色で楽しませてくれる紅葉。来年はどんな秋を堪能しているのかしら?

b0015047_22515139.jpg

[PR]



by kawa-hira | 2005-11-29 00:33 | 1歳10ヶ月

■1歳10ヶ月■ はじめての運動会

今日はコウタロウのはじめての運動会でした。
まだ0歳児、1歳児クラスは出番が少なかったけれど、楽しい保育園の様子がわかる行事で、有意義のあるものでした。コウタロウの組は、アンパンマンの手作りマントをつけ、段からジャンプしたり、手作りバイキンマンのトンネルをくぐったり、楽しかったです。いつも一番遅くにお迎えにいくので、保育園にこんなたくさんの子供たちがいたことに驚きました。あまりかかわりのないお母さんがたと少し面識を持てたので、それも良かったなと思うことのひとつでした。

b0015047_18494061.jpg
アンパンマンのマント、みんな可愛かったなぁ
b0015047_18513733.jpg
じーじと一緒に・・・

来年は、かけっこの競技にも出られるのかな。楽しみ。楽しみ。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-23 18:58 | 1歳10ヶ月

*夫婦のこと* 今朝のケンカ

最近は、私自身が生活に慣れてきたのか、あまり夫のいやーな部分にも気にせず、というか、気にしてるヒマがなく、気持ちはいたって平和状態が続いています。

ただやはり朝の慌しい支度時間には、お互いにイラついてしまうようで、今朝もプチケンカしました。朝、1人で優雅にお風呂に入るのもいいんですが、早めに入って、率先してゴミを担当してほしい!そのひと言につきます。

私 「あ!悪いけど、パン食べたら、ゴミ出し準備お願いしまーす」
-ゴミ出し準備を始める夫-
夫 「あれ?今日は何のゴミ?」 (私の内心:いい加減に覚えろよな。何回やっても覚えないなんて、かなり出来悪いわ!ふぅー)
私 「今日は資源ごみだよ」
夫 「資源って、何が資源になるの?」 (私の内心:また言ってるよ。何回も、毎週同じこと、いわせるなよ。分からないなら、ゴミ出しの説明書、冷蔵庫にはってあるじゃん。自分で調べろよなー)
私 「資源は、新聞紙、びん、かん、ダンボール」 (私の内心:いい加減に今回限りで覚えてよね)
夫 「新聞があふれてるじゃん。どうするの?」 (私の内心:ぷっちーん)
私 「この紙袋につめればおさまるでしょ!」

てなかんじで、少し切れてしまったら、夫もどうしてそんな態度とるの?となり、2人は無口に・・・・。でも夜には、さーっぱり忘れてるので、前のようにずっと気まずい雰囲気が続くことはなくなりました。こちらは、保育園の支度や朝ごはん、夜ご飯分にお米を研いだり、自分の支度もあるしでめいいっぱい。なんとか夫が意識を持ってやってもらえるために、何とかよい工夫をしてみようと計画中なり。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-23 01:29 | *夫婦のこと*

■1歳10ヶ月■ 紅葉も堪能したい!

前にも述べたように、あれもしたい、これもしたい・・・よくばりな上に、私がそれ以上にしたいことが、「季節を楽しむこと、感じること」です。特に紅葉の季節となったいま、晴天で紅葉日和なのに、雨降ってるのか、晴れてるのかさえもわからない会社の中にいることが、いてもたってもいられないこともあったりします。そんなときは、例えば窓から差し込む夕日を、ちょっとだけ楽しんで、満足するように、お昼時間に秋の空気を感じたりするのも重要なことかもしれません。

私の紅葉好きを更に上回る人物が、私の父で、今年はあちらこちらで東京の紅葉を撮って、ブログに掲載しているようで、その画像を見るだけでも、あぁ、いいなぁ、と楽しめます。

b0015047_175452.jpg
父の送ってくれた写真。四谷 迎賓館前にて。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-23 01:10 | 1歳10ヶ月

■1歳10ヶ月■ やることいっぱい。やりたいこといっぱい。

最近、少し風邪気味だったコウタロウも私も、なんとなく治ってきたし、コウタロウが高熱まで至らないため、本当に珍しく、毎日出社する日が増えています。そんな中、長い通勤時間中に、考えてみたこと・・・

・ もう考えてみたら、あと少しで師走ではないかー!
・ いつ大掃除するの?え?もしや、クリスマス休暇しかないんでは?
・ 年賀状、今年はどうしよう。私とコウタロウの写真がいつもイマイチだから、今年もどこか行って撮ってみるか?時間ないよー。
・ 会社を辞めてしまったけど、お世話になった、パワフルなNさん。久しぶりに会いたいな
・ メイプル隊(短大友だち)とも、やっぱり忘年会したいなー
・ やっぱりたまに夫実家に顔を出し、コウタロウを慣らしておかなければな
・ 今日、会社行ったら、アレやって、コレやって・・・・
・ コウタロウの冬の防寒着、買いたいな。買いにいく時間がない!退社後15分なら行けるか?
・ 銀行通帳が磁気で記入できなくなちゃったから、窓口いかねば。いつ行ける?
・ 先日結婚した中さんたちに、何かお祝いを買ってあげたいな。ネットで済ますか?
・ 友人のSさんが出産したら、お祝いに何を買おうかなー?
・ お姉ちゃんに買っといてあげた出産育児用品を届けにいかないと。今週か来週か?
・ 年末は、保育園は28日まで。私は29日まで出社だから、28日終了の夫に頼むかな

などなど、たいしたことではないのですが、電車の中でこんなことを考えながら時間は過ぎていってしまいます。ほんの数分で済むことも、寄り道も、今の生活ではできなかったりするから、ツライのですよねー。銀行も昼間行きたかったけど、会議が延びた・・・とかでダメだったり、今日は帰りに、コウタロウの洋服をささっと買おうか!と思うと、やることが増えて無理だったり。なんとか今年を楽しく、キレイに終わらせるために、ガンバルゾー!
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-23 00:53 | 1歳10ヶ月

■1歳10ヶ月■ マネごと?

もうかたことをお話ししている子も多いだろうという1歳10ヶ月児ですが、うちはまだ未だにあまり言葉がでてきません。それでも会話が成り立つほどに、こちらの言っているが理解できるのか、コウタロウの要求がなんとなく通じているのか、以前よりコミュニケーションが楽しい今日このごろです。

最近では、コトバを彼なりにマネしようとするのか、語尾のひと言を口にしたりします。

b0015047_034671.jpg「明日の運動会、アンパンマン体操するんだよね?」
コウタロウ 「・・・・」
私が更に 「アン・パン・マン!」
と言った瞬間、コウタロウも「マン!」と言いました。
あまりにも可愛かったので、同じことを繰り返すこと10回。存分に楽しみました。



b0015047_062354.jpg「ノンタン」の絵本をずっと、ずっと読んでいたら、フレーズを覚えたらしく、「ノンタン、ブランコのせて!」と言うと、「!」と大きな声で言います。これも繰り返してやっても、いつも「て!」を言ってくれます。オモシロイ!





b0015047_094419.jpgよく、このブロックの形がお花っぽいので、いつもこじづけで、チューリップの歌を歌ってあげます。やはりこちらも語尾の「ー」の部分だけを拾って、コウタロウも歌います。こんなかんじに、「(さい)ダァー、(さい)ダァー、(チューリップのはな)ダァー、(ならん)ダァー、(ならん)ダァー・・♪」 
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-23 00:21 | 1歳10ヶ月

■1歳10ヶ月■ 新しい命の誕生!オメデトウ!

今朝、いつものことながら慌しく支度をしていて、また携帯電話を自宅に忘れてしまいました。帰宅すると、1通のウレシイ、ハッピーメールが届いていました。以前、出産を控えて少しナーバスになっていた友人から、元気に赤ちゃんが産まれたとのことでした。

「ついに!やったー!」
思わず、お腹をすかせているコウタロウに向って言ってしまいました。

誰かの出産は、ただでさえウレシイことですが、あのツライ陣痛を経験し、新しい生命が誕生する素晴しさを体験したという点で、また自分がママをやっていくうえで、楽しい、相談相手にもなる、仲間が増えたような・・本当に嬉しいことです。

本当にオメデトウ。
これから眠れない日々が続くから、入院中は少しでも体を休めてね。
今年は「出産」という素晴しいことを経験した、実りのある1年となったね。
お互いがんばろう!
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-22 23:35 | 1歳10ヶ月

*ワーキングマザー* 『産んではいけない!』!?

今、会社で一緒に働いている女性が、「これ、おもしろいですよ」と1冊の本を貸してくれました。タイトルは、『産んではいけない!』。
タイトルからして、もう産んでしまった私には、衝撃的ではあったものの、なんでこの著者はこんなことを言うのかしら?という想いを持ちながら、読み進んでいる途中です。

この著者は、出産して子供を育てることがどんなに大変か、ということをずーっと書き並べていて、けっこうあてはまることも多く、「そうそう」なんて思いながら読んでいますが、やっぱり最後に、大変だから「産んではいけない!」というのは、私には受け入れられないことでした。ただ一般的に子育てが大変だ、ということは世間には理解されているものの、制度や環境が整っていない日本では、どれだけ大変か、そして自分の時間を100%使えていたものを、ほぼ100%近く子供にささげていかなければいけない大変さ・・・そんな「大変さ加減」がたくさん書かれていて、体験していない人が理解できるかもしれません。でも大変なこと、面倒くさいことを避けていて、人は成長できるのかな?とも思いました。大変ながら、工夫したりして、進んでいくからこそ、結婚だって、子育てだって意味があるものだと思ったりして・・・。

今の世の中は、「大変なこと」「面倒なこと」「時間がかかること」のようなものが良くないことだと捉えられがちだとつくづく思います。先日起きた事件で、高校に入って、冷たくされるようになり、腹が立って、殺人をしてしまった、というのも、自分が不快な思いはさせたかな?とか、どうしたら楽しく話せるかな?など考えずに、自分だけの一方通行の思いだけが通じないということで、すぐ「腹が立つ」に直結してしまっているように感じます。また「つらい」というような弱い思いを、まっすぐに自分で受止めてこそ、次のステップがあるように思うのですが・・。

だから、この本でも、「こんなに大変ですよ、覚悟してくださいね。でも素晴しいことだってたくさんあります。みんなで、がんばりましょう!」と書いてほしかったなと思ってしまいました。出産や育児は、大変なことですが、独身の女性だってそれぞれの悩みがあったり、男性だって1人1人の大変さがあったり、誰だって、生きていて大変なことは避けられないものです。その大変さを100%受止めすぎると、ストレスがたまったり、病気になったりしてしまうのだから、誰かに協力を得たりして、息抜きを入れるコツを学んでいくことが、笑顔でいられるコツかもしれません。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-21 00:21 | *ワーキングマザー*

*ワーキングマザー* 欠勤続きで、ついに追い込まれるの巻。その2

「夫の実家、私の実家など周りに協力を呼びかけ、なんとか正社員でいたい」
と伝えると、上司は分かってくれたものの、管理部側がそれでは分かってくれないかも、といわれたので、何となく 「契約社員でもいいんですが、決定する前にその勤務条件を聞かせてほしい」と伝えました。

そうこうしているうち、結局は管理部側は、「これ以上ふつうにポンと欠勤されては、困る。勤務態度を改めるように、肝に銘じて欲しい」ということで、契約形態の件はまったく違うところへ飛んでいってしまったのでした。

ふぅー。ひとまず一安心。

それにしても今回感じたのは、本当に1人では子持ち女性は働いていけないわ、ということだ。保育園の籍は確保しても、いざとなったとき頼る人がいないとツライものなのだ。ひと工夫もふた工夫もして、働かないと、私のようなめにあってしまう。

そしてもう1つ。
今回は「勤務態度を改めよ」ということであったけれど、法律では「育児や出産」などを理由に解雇してはいけないことにはなっているが、遠まわしなことをされたり、預ける場所が見つからなかったりして、辞めていく女性も大勢いるのだろうなと思う。それでも何とか頑張ってほしいなと思った。独身のひと、結婚しているひと、介護しながら働くひと、出産を控えたひと、いろんな人がいて、弱い立場の人だけが、排除されない社会を目指して、自分から働きかける環境があってもいいのかなと思う。そんなことが広まっていったら、国がこの法律を適用せよ、こういう政策を盛り込めば助成金を出す・・などといった決まりごとの枠にとらわれず、弱者も受け入れる社会ができてくるのではないだろうか。弱者である子を持つ女性が頑張ることは、本当の少子化を解決する原点かもしれない。

だから今回、契約社員になるのもひとつの道とも考えたけれど、何とか頑張ることだってできるんだ、と一歩前進すれば、誰か出産をする女性の心の支えになるかもしれない。
そして、最後になりますが、なんだかんだと受け入れてくれた会社に感謝したいです。ちょっと厳しい目が怖いですが、ガンバリマス。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-17 00:54 | *ワーキングマザー*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧