コウタロウ 日記

<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧




■1歳1ヶ月■ 1人の人間として発せられた皇太子様のことば

2月23日、皇太子様のお誕生日で、会見をされましたね。
かなり長い会見のようでしたが、皇太子様の人柄がにじみ出ていた会見だったと感じます。天皇家は、日本の象徴でもあることから、私たち市民からはとても遠い存在であるはずなのに、象徴である前に、皇太子様は、1人の子を持つ親として、また1人の人間として発せられたお言葉が、私には本当に近い存在に感じ、共感を持つこととなりました。恐らく同じように感じられた方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?中でもドロシー・ロー・ノルトという女性の書いた「こども」という詩を朗読され、感銘を受けた方は、私だけではないでしょう。

(宮内庁のHPより)

批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる
殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる
しかし,激励をうけた 子どもは 自信を おぼえる
寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる
賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる
フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる
友情を知る 子どもは 親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じとることを おぼえる

引用元は「あなた自身の社会 スウェーデンの中学教科書」(アーネ・リンドクウィスト,ヤン・ウェステル著,川上邦夫訳:新評論から出版:155頁)に収録されているもの

「子供が育つ魔法の言葉」というベストセラーになった本にも掲載されている詩だが、この引用された「あなた自身の社会」という本、すでに23日には各地で売り切れになり、1万部を増刷されることになったということです。私も昨日、MARUZENへ足を運びましたが、売り切れでした。
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-26 12:21 | 1歳1ヶ月

■1歳1ヶ月■ 足をくむクセ

最近、保育園の方に言われて気づいたのですが、

「コウちゃん、足を組むのがクセなのねー。まっすぐにしても、また組みなおしちゃうんだよね☆」

ということで、観察していると座るといつも足組していて、ぷっくら足の組み足なんて、生意気なかんじでかわいいです。

b0015047_1304258.jpg

[PR]



by kawa-hira | 2005-02-25 13:00 | 1歳1ヶ月

■1歳1ヶ月■ 「まーまー」が出てきたよ

2月23日のこと。
ママもパパも休日だったからかな?朝からとてもゴキゲン☆

・・・と急に今までは発しなかった発音 「マ」を連発しだしましたー!ヤッター!
本人は私のことを呼んでいる様には決して見えないのですが、ははの私としては

「んまままま」
「まま?」
「まーま!」

とまるで自分が呼ばれているような感覚で、ママはウレシイゾ!
b0015047_12165912.jpg

[PR]



by kawa-hira | 2005-02-25 12:16 | 1歳1ヶ月

■1歳1ヶ月■ はじめての「クック」(靴)体験

最近、あんよの成長が著しいコウタロウ。
そろそろクック(靴)を購入せねば・・・と思い、はじめての靴を購入しに出かけました☆
b0015047_1374992.jpg

b0015047_1381131.jpg
そこで考えてもみなかったことなのですが、コウタロウが靴を履くと、歩けなくなってしまったのです!当たり前のように、靴をはいて生活している私には、まったく想像できなかったことですが・・・。そう、やっと裸足で歩けるようになったんだもの、かたい底の靴を履いたら、自分の足の感覚でなくなってしまうのですよね。

靴売り場では、係りの方に足をはかってもらい、12.5cm(すでにかなり大きめ)で、そこから1cm大きめの13.5cmを選ぶようにと説明してもらいました。私が雑誌でいいなーと思っていたものは、12cmまでしか製造されていなくて、、、残念。

靴を試してみたところ、イヤイヤー!っていうかんじで、拒絶されました。最後に試したものが、1番、靴底、側面ともにやわらかくできているため、直立して「フーフー☆」とお気に入りのご様子。結局、デザインよりも、初めての靴なので、履きやすさを重視して、それを購入することになりました。

なんだか靴を購入して、コウタロウはいつのまにか赤ちゃんを卒業していくのね。
ちょっぴり寂しい気持ちにもなりました。
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-22 13:08 | 1歳1ヶ月

■保育園申請ばなし■ 第二希望園ではダメな理由

この週末、その入園承諾に対する「不服申立」を書きながら、第二希望の園ではダメな理由を考えてみました。

①自宅、駅からともに遠い
 通勤で1時間半かかったあと、お迎えに20-30分徒歩(息子を抱っこし)というのは、体力的にも精神的にも限界がある

②もし入園できず、現在のままの預け方をするとなると、費用負担が大きすぎる
2箇所で預けているというのは、費用が10万以上かかるし、「今日は○○保育園」、「明日は△△保育所」という生活では、母子ともに限界がある

③コウタロウの精神的負担が大きい
子供はすぐに環境に適応する能力があるとは言われていますが、1ヶ月、2ヶ月ごとに保育園が変わってしまっていては、コウタロウの精神的負担が大きいのではないでしょうか。新しい環境に慣れるだけで精一杯なのに、また4月から別の園となると、あまりにも可哀想です。

④お迎え時間が間に合わない
通勤に1時間半くらいかかってしまうため、駅に到着するのは18時すぎとなり、第一希望園の一時保育のお迎えも、ギリギリ閉園は19時ちょっと前です。駅から徒歩20くらいとなると、お迎えに間に合わない可能性が出てきます。

⑤もし入園できず、入園できるまで実家で暮らす案となると、夫と別居ということになり、夫の反対を押し切って実行するならば、夫婦の仲もギクシャクするかも?

⑥引越しはすぐには不可能
現在は持ち家のため、この市がイヤだから引越しする、というわけにはいきません。もう本当にどうすればいいのやら・・・。

⑦近くに面倒をみてくれる人はいない
義理の母はいますが、70歳を超えているし、コウタロウを一日面倒みているなんて、不可能です。また私の両親とも離れているため、面倒はみていてもらえません。

ということで、「不服申立」がんばりまっす!
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-20 11:21 | *保育園申請ばなし*

■保育園申請ばなし■ ガーン、言葉もでません。4月入園できない!

2月17日、帰宅すると1通の手紙が市から届いていました。
「入園通知だ!」
とウキウキ手紙を開けてみると、そこには「第二希望園への入園承諾」が記載されているではありませんか!!!
もう言葉がでません。
4月から、今一時保育で預けている園に入園できることを信じ、そこだけでは補えない(1ヶ月15日までしか申請できない)日数を、隣の駅の保育所にもお金を払って掛け持ちしてきたというのに・・・・。様々な事情のお母様方が入園申請していることは重々承知していますが、自分だってここまで必死に頑張ってきたのに、報われないなんて、、、。あまりにもショックでした。

一時保育は割高の設定のため、一日で7千円程度かかります。また隣駅の保育所には、一番少ない8日間コースで、25000円です。合計10万円くらいはかかってしまっています!第二希望園へは、徒歩20-30分もかかるため、お迎え時間も間に合わない可能性も出てきます。4月からも今のような方法であずけるとなると、出費があまりにも大きすぎる・・・はあ。

市(国)は、「会社」というものに例えるなら、お客様は「市民」となります。お客様である「市民」がいかに安心して、子育てできるか?仕事を続けられるか?いくら財政が大変とはいえ、あまりにも改善されなさすぎている!と考えざるを得ません。

その通知を知った日は、夫に話しながら、涙がポロポロでてくるし、おさまっても、また涙が・・・という状態でした。でもとりあえず、市に対し、「不服申し立て」が出来るので、実行してみようと思い、この週末(昨夜は徹夜で)申し立てを書き上げました。

神様、どうか希望通りの園に入れますように。
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-20 10:50 | *保育園申請ばなし*

■1歳1ヶ月■久々のじーじ&ばーば再開

先日9日~13日まで、久々に実家に戻り、久々にじーじ、ばーばに会い、とぉーっても嬉しそうな表情を見せてくれました。あと何よりも自宅より、少し大きめのリビングがコウタロウがご機嫌だった理由のひとつと言えるでしょう。実家に着くなり、「アババババ、ウーウー」と言いながら、かなり興奮気味で家中をスタスタと駆け巡っていました。

去年の今頃は、私もコウタロウもこの実家で暮らしていて、1ヶ月健診だの、水漏れ騒ぎだの大変だったなーと1年前を振り返ると、とても懐かしい思いにもなりました。

いつも朝は保育園に預けていたけれど、平日はばーばに見ていてもらい、夜も私と二人きりではなく、じーじもいるしで、ご機嫌、ご機嫌のオンパレードでした。
b0015047_12215396.jpg

久しぶりに実家から出勤したら、郊外の自宅とは違い、あまりにも便利なことを再認識しました。また実家で一緒に暮らすとは言わないまでも、本当に実家近くへ引っ越したいなーと思いました。やはりすぐに遠慮なく頼める人がいたり、会社も少々遅くなってもすぐにお迎えできるし、なにかと今私の置かれている環境が、「大変なこったな」と感じざるを得ません。1本電車を逃したら、保育園お迎えに間に合わない!みたいなドキドキ感がつきまとうし、ちょっとスーパーで買い物したいけど、、、ダメだ時間がない!みたいなハラハラ感。。。それだけで疲れてしまう私って、やはり甘い環境で生まれ育ったせいなのかしら?これが普通なのかしら?

普通はそんな大変だったら、仕事を諦めよう・・・と考えるのだろうな。

とにもかくにも、まだ仕事スタートして1ヶ月だし、もう少し頑張ってみようと思います。
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-15 12:38 | 1歳1ヶ月

■12ヶ月目■ コウタロウの保育園生活

1月中旬から隣駅の保育所に預け、頑張ってきたわけですが、母親の私自身、体を壊してしまったりして、やはりお迎えが途中下車でのものとなると、かなりキツイと正直感じました。
ということで、自宅近くの保育園の一時預かりをお願いし(これもまた、早いもの勝ちだったので、大変でした)、2月からこちらへ移ることになりました。
--------------------------------------------------------------
コウタロウの保育園生活は、どうだったかというと・・・

はじめの1~2週間は、預けるとき、お迎えのとき共に涙していました。預けるときは、「ままー、離れたくないよー」で、お迎えのときは、「ままー、会いたかったよー」というかんじです。
しかし、先生方に聞くと、中へ入ってしまえば、ニコニコ遊んでいることが多く、お昼寝もちゃんとするし、お食事もしっかりしてるし、ということでした。しかし3週間目に入ったところで、変化が出てきました。預けるときはやはりちょっぴり泣いてしまっても、お迎えのときは、少しはウルっとしてすぐに落ち着きます。私が抱っこすると、ニコっとし、先生方と話していると、「うーうー」と横から会話に入ってくるようになりました。

そして2月に入り、新しい保育園でまた一からやり直し?と思っていたのに、今度は預けるときも、ケローっとしてバイバイできるようになりました。
先生方からは、
「集団生活に慣れてますねー、コウタロウくんは。」
とか
「人見知りしないし、ニコニコ、ニコニコしてるのねー。こうちゃん。」
なんて、言われてびっくりしました。
b0015047_20223384.jpg

本当に子供の環境への適応能力って、すごいですね。とはいっても、やはり日中は1人で多少我慢したりしていたり、頑張っていたりしているんだもの。本当に、本当に、コウタロウはよくやっているよ★
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-08 20:14 | 10~12ヶ月

■1歳1ヶ月■  病院通いの12ヶ月目

今年に入って、1ヶ月目は「病院通いの日々」でありました。。。
この日記にも書いていますが、思い出してみると・・・

1/5  コウタロウ、予防接種&1歳健診で小児科へ
1/6  コウタロウ、おでこ2ハリのケガで外科へ
1/7  コウタロウ、おでこの消毒で外科へ
1/12 コウタロウ、おでこの消毒で外科へ
1/14 コウタロウ、おでこ抜糸
1/15 私、38.5度の発熱
1/16 私、休日だけどぐったり
1/17 私、歯が痛く、耐えられず歯科へ。次週、抜歯決定。
1/20 私、セキがゴホゴホで内科へ。コウタロウ、ついでに小児科へ
1/25 私、親知らず抜歯のため、歯科へ
2/1  私、親知らずを抜いたあと縫ったところを抜糸するため歯科へ
2/2  私、コウタロウ共に風邪治まらず、耳鼻科へ

ってな具合で、2日おきくらいに病院→会社&保育園の繰り返しで、本当に心底疲れたぁーーーと感じた1ヶ月でした。今は、私の方はかなり具合もよくなりましたが、コウタロウがちょっと下痢気味で(本人はいたって元気で歩きまわってますが)、また小児科か・・・と考えると、それだけで疲れてしまう今日この頃です。

そんな疲れていた中、義理母からの
「1才のコウタロウを預けて、どうして働こうと思ったのか解かりません」
の一文に、かなりズキン・・・としたものでしたが、色々と気をかけてくれて感謝します!と考えて、頑張りマース★
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-07 21:20 | *病気記録*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧