コウタロウ 日記

カテゴリ:*保育園申請ばなし*( 6 )




■保育園申請ばなし■ 涙!入園決定の知らせ!

3/20、友人の結婚式のため、実家へ来てコウタロウを見てもらうことになり、留守番中の夫に夜電話したところ、「嬉しい知らせがあるよ」と言われ、保育園の2次審査を出した結果、4月から希望通りの園へ入園できることになりました。本当に涙、涙ものです。

といっても条件つき入園になってしまうのですが、1歳児クラスが満員のため、0歳児クラスに入ることになる予定です。1歳児クラスに空きが出た時点で入れてもらえるということになる予定です。

あぁー、一安心。一安心。一安心。
不服申立後にすみやかに役所の方に調整を図っていただき、本当に良い結果となり、支えてくれた夫や両親、また一時保育とはいっても楽しくコウタロウを面倒みてくれた先生方など、感謝の気持ちいっぱいです。

1月から寒い時期で、また慣れない生活がスタートしたということも重なり、コウタロウも私もダウン気味の3ヶ月間でした。私自身、具合が悪かったり、コウタロウが体調不良だったり、会社をかなりお休みしてしまうことも多々ありましたが、これから暖かくなってきたら、体力をつけて少しでも会社に貢献できるようにしたいとも思いました。

そして最後まで諦めず、不服申立という形で役所へ現状を理解してもらい、本当に良かったと思っています。必ずしも不服申立が通るとは限らないと考えていたので、できるかぎりのことをして、満足な結果が返ってきて、私はラッキーであったと思います。

あー、神様、アリガトウゴザイマス☆
[PR]



by kawa-hira | 2005-03-21 21:46 | *保育園申請ばなし*

■保育園申請ばなし■ 不服申立

先週、不服申立を市長、保育園申請窓口宛に送りました。
内容は先日ブログに書いたものですが、最後に

「市民が安心して子育て、生活できるような、住み続けたいと思うような町づくりをしていきたい」 と市長がおっしゃられていました。
財政面など様々な問題は山積みなのでしょうが、今の私たちの状況では、安心して子供を預ける環境も与えられず、仕事すら続けていけない状況、住み続けたいと思うどころか、本当に逃げ出したい気持ちで本当にいっぱいなのが現実です。

と少しキツイことまで書いてしまいました。

1週間後、役所の方から連絡があり、今回の申請でどこにも入所できなかった方(57人)の2次審査というのを設けるので、再度、希望園との調整でもしかしたら入園できる可能性もあります!ということで、少し明るい希望が差し込みました。

この保育園申請ではホトホト疲れていた私ですが、保育園の先生と話すうち「申請して1年半待っても入園できない方もいたみたいですよ」という話を聞いて、驚いてしまいました。正社員や介護しているという方もいれば、就職先を探している人、専門学校に通う人、母子家庭の人などなど、いろいろな事情の方が入園を希望していることが分かり、私だけがツライのではないなぁ・・・と少し騒ぎすぎた自分に反省したりもしました。
[PR]



by kawa-hira | 2005-03-03 23:59 | *保育園申請ばなし*

■保育園申請ばなし■ 第二希望園ではダメな理由

この週末、その入園承諾に対する「不服申立」を書きながら、第二希望の園ではダメな理由を考えてみました。

①自宅、駅からともに遠い
 通勤で1時間半かかったあと、お迎えに20-30分徒歩(息子を抱っこし)というのは、体力的にも精神的にも限界がある

②もし入園できず、現在のままの預け方をするとなると、費用負担が大きすぎる
2箇所で預けているというのは、費用が10万以上かかるし、「今日は○○保育園」、「明日は△△保育所」という生活では、母子ともに限界がある

③コウタロウの精神的負担が大きい
子供はすぐに環境に適応する能力があるとは言われていますが、1ヶ月、2ヶ月ごとに保育園が変わってしまっていては、コウタロウの精神的負担が大きいのではないでしょうか。新しい環境に慣れるだけで精一杯なのに、また4月から別の園となると、あまりにも可哀想です。

④お迎え時間が間に合わない
通勤に1時間半くらいかかってしまうため、駅に到着するのは18時すぎとなり、第一希望園の一時保育のお迎えも、ギリギリ閉園は19時ちょっと前です。駅から徒歩20くらいとなると、お迎えに間に合わない可能性が出てきます。

⑤もし入園できず、入園できるまで実家で暮らす案となると、夫と別居ということになり、夫の反対を押し切って実行するならば、夫婦の仲もギクシャクするかも?

⑥引越しはすぐには不可能
現在は持ち家のため、この市がイヤだから引越しする、というわけにはいきません。もう本当にどうすればいいのやら・・・。

⑦近くに面倒をみてくれる人はいない
義理の母はいますが、70歳を超えているし、コウタロウを一日面倒みているなんて、不可能です。また私の両親とも離れているため、面倒はみていてもらえません。

ということで、「不服申立」がんばりまっす!
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-20 11:21 | *保育園申請ばなし*

■保育園申請ばなし■ ガーン、言葉もでません。4月入園できない!

2月17日、帰宅すると1通の手紙が市から届いていました。
「入園通知だ!」
とウキウキ手紙を開けてみると、そこには「第二希望園への入園承諾」が記載されているではありませんか!!!
もう言葉がでません。
4月から、今一時保育で預けている園に入園できることを信じ、そこだけでは補えない(1ヶ月15日までしか申請できない)日数を、隣の駅の保育所にもお金を払って掛け持ちしてきたというのに・・・・。様々な事情のお母様方が入園申請していることは重々承知していますが、自分だってここまで必死に頑張ってきたのに、報われないなんて、、、。あまりにもショックでした。

一時保育は割高の設定のため、一日で7千円程度かかります。また隣駅の保育所には、一番少ない8日間コースで、25000円です。合計10万円くらいはかかってしまっています!第二希望園へは、徒歩20-30分もかかるため、お迎え時間も間に合わない可能性も出てきます。4月からも今のような方法であずけるとなると、出費があまりにも大きすぎる・・・はあ。

市(国)は、「会社」というものに例えるなら、お客様は「市民」となります。お客様である「市民」がいかに安心して、子育てできるか?仕事を続けられるか?いくら財政が大変とはいえ、あまりにも改善されなさすぎている!と考えざるを得ません。

その通知を知った日は、夫に話しながら、涙がポロポロでてくるし、おさまっても、また涙が・・・という状態でした。でもとりあえず、市に対し、「不服申し立て」が出来るので、実行してみようと思い、この週末(昨夜は徹夜で)申し立てを書き上げました。

神様、どうか希望通りの園に入れますように。
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-20 10:50 | *保育園申請ばなし*

■保育園申請ばなし■ 保育園探し

いやいやいやぁー、参りました。この数週間の保育園申請、探し。
本当に子育てと仕事を両立できる環境が、今の日本にはまだ整っていないのだな、と痛感した数週間を過ごしました。

*12月13日 ・・・ 1月入園申請が前月15日までなので、少し早めに済ませに市役所へ行った
*12月24日 ・・・ 遅くとも22日には手紙で結果を知らせるとのことでしたが、届かず、電話で確認したところ、あっさりと「残念ですが・・・」との返事をもらいました。(っていうか早く連絡してくれ!というかんじでした)

■ここからは、ここ自宅付近では不便すぎるため実家に3月いっぱいまで移り、実家付近の認証保育園に入れようと、電話をかけまくったが、、、すべて空きは埋まっていました。(0歳とか1歳になりたてだと、手がかかるから余計に入りにくいそうです)
■そして「保育ママ」という保育士さんが自宅の一部を使い、面倒みてくれるという制度があり、それも連絡しましたが、すべて空きはナシでした。
■そこで会社のスタートする一週間だけでも、一時預かりをしてもらえるところがないか?と思いましたが、これまた連絡するタイミングも年末だし、遅すぎて、空きはナシでした。

ということで、再度、自宅付近の駅からすぐの認証保育園を探したところ、1件空きがあることが判明しました。

*12月30日 ・・・ 朝イチバンで、自宅の隣駅の駅近くの保育所の見学をしました。認可外ではありますが、市からも助成され、市の規則に基づき運営されているため、少し狭いですが、とても清潔でした。ちょっと不安は残るけれど、3ヶ月をここで預けるか・・・と考えました。

■少し安心はしたものの、ここでまた新たな問題。慣らし保育期間(徐々に預ける時間を増やし、慣らしていく)は、ここから会社までが往復2~3時間かかるため、最初の数日は私の母にお迎えなどを少し手伝ってもらおうと考えました。これを夫に伝えたところ、イヤ~な顔をされ、私の実家に頼るのを頑なに拒否しようとしていました。夫は夫側の実家の人間を頼れというのですが、それ自体気を使うし、世話の細かいことまで説明するのも大変疲れるので、何しろ初めは、私自身もなるべく疲れをためない環境を作りたかったのに・・・
■ということで、私の母に頼ることすら反対され、逆ギレして、もう自分でなんとかやったる!と言い切ってしまいました。はぁー、大丈夫かな・・・。
[PR]



by kawa-hira | 2005-01-04 02:09 | *保育園申請ばなし*

*保育園申請ばなし* 仕事復帰目指して・・・

育児休業前は、「果たして子供を持ちながらなんて仕事できるだろうか?」と思っていたけれど、引っ越したばかりの慣れない環境で、ストレスがたまってきている自分を考えると、このまま社会との接点が少ない自分はどうなってしまうの??と不安にかられるようになりました。
そんな中、いとこが1年先に子供を出産し、仕事復帰をしている姿を見て、決して簡単なことではないけれど、子供も保育園という環境でイキイキ成長し、お母さんもお父さんも協力しながら、3人で頑張って生きている姿に、「私もアレを目指そう!」と決心したのでした。

そんなことを考えていた11月上旬、1月の仕事復帰を目指して、保育園のこと、復帰後のことを含め、会社の方とお話しする機会がありました。
まず、私は素直に現状を報告(私はゼッタイ復帰したい派であるけれど、夫が反対派であること)したところ、上司である女性2人といつもお世話になっている管理部の女性が、なんとか私を復帰への道へと真剣に考えてくれ、相談にも乗っていただきました。保育園の問題もあるけれど、何よりも夫の理解を得る(この時点で得られていないこと事態がヤバイのですけれど)ことが最優先だね!ということで、3人に励まされるかたちになりました。

なんだか彼女たちに会ったことで、とてもスッキリと明るい気分になったのでした。
というのも前日に、夫と口ケンカになり、イヤ~な気分にドップリ浸り、そこから抜け出せずにいたのです。例えると、くらーい風船の中にいた自分が、外の明るい世界に引っ張られたような感覚でした★
私と全く違う環境にいる彼女たちに会い、パっと見る視点が変わったことで、やはり自分が狭いところにいて煮詰まってしまっていたことに気付き、更に仕事復帰に向けて頑張るぞ!と意欲がわいてきたのでした。

この日のランチは、私にとって本当に有意義なものとなりました。
ありがとうございます。
[PR]



by kawa-hira | 2004-11-20 01:16 | *保育園申請ばなし*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧