コウタロウ 日記

カテゴリ:10~12ヶ月( 25 )




■12ヶ月目■ コウタロウの保育園生活

1月中旬から隣駅の保育所に預け、頑張ってきたわけですが、母親の私自身、体を壊してしまったりして、やはりお迎えが途中下車でのものとなると、かなりキツイと正直感じました。
ということで、自宅近くの保育園の一時預かりをお願いし(これもまた、早いもの勝ちだったので、大変でした)、2月からこちらへ移ることになりました。
--------------------------------------------------------------
コウタロウの保育園生活は、どうだったかというと・・・

はじめの1~2週間は、預けるとき、お迎えのとき共に涙していました。預けるときは、「ままー、離れたくないよー」で、お迎えのときは、「ままー、会いたかったよー」というかんじです。
しかし、先生方に聞くと、中へ入ってしまえば、ニコニコ遊んでいることが多く、お昼寝もちゃんとするし、お食事もしっかりしてるし、ということでした。しかし3週間目に入ったところで、変化が出てきました。預けるときはやはりちょっぴり泣いてしまっても、お迎えのときは、少しはウルっとしてすぐに落ち着きます。私が抱っこすると、ニコっとし、先生方と話していると、「うーうー」と横から会話に入ってくるようになりました。

そして2月に入り、新しい保育園でまた一からやり直し?と思っていたのに、今度は預けるときも、ケローっとしてバイバイできるようになりました。
先生方からは、
「集団生活に慣れてますねー、コウタロウくんは。」
とか
「人見知りしないし、ニコニコ、ニコニコしてるのねー。こうちゃん。」
なんて、言われてびっくりしました。
b0015047_20223384.jpg

本当に子供の環境への適応能力って、すごいですね。とはいっても、やはり日中は1人で多少我慢したりしていたり、頑張っていたりしているんだもの。本当に、本当に、コウタロウはよくやっているよ★
[PR]



by kawa-hira | 2005-02-08 20:14 | 10~12ヶ月

■12ヶ月目■ みんなから心配されるコウタロウ

年末からずーっと慌しく過ぎてきた1月。あまりにも色々とやること、慣れなければならないことが多く、義理の母や姉などにも今の状況をあまり説明できなかったこともあり、義理の母からは留守電と手紙、義理の姉からはメールで、「コウタロウ心配メール」が届きました。

誰しもそう思う方が多いと思いますが、「三つ子の魂、百まで」論で、やはり3歳までは母親が側にいて育てないと・・・的なアドバイスが書かれていました。生まれてまだ1年しか経たない子供を預けること自体、そう考えるのが当然でしょうし、私も働きたいし、頑張りたいということを詳しくお話しできていなかったことを反省しました。

ただ3歳までずっと側にいれば、それから寂しい思いをさせてもいいのか?というと、そういうことでもなく、1歳から預けるとしても、ずっと自分も頑張るけれど、いつでも周りにはまま、ぱぱ、おじいちゃん、おばあちゃん、親戚のおばさん、おじさん、保育園の優しい先生方、みんながコウタロウを心配に思い、大切に思っている・・・そう伝えていかなければならないと思っています。

実は、義理の母は心配で、昼間にコウタロウの保育園での様子を見に行ったそうで、驚きました。まだ慣れないコウタロウが不安そうな顔をしているのを見て、心配で心配で仕方なかったのかもしれません。

でもとにかく、頑張ろう、頑張っていこうと決めたのだから、とりあえずトライしていこうと思います!
[PR]



by kawa-hira | 2005-01-31 00:23 | 10~12ヶ月

■12ヶ月目■ 仕事スタート後、、、母親ダウン

コウタロウの誕生日、11日から私も仕事復帰したわけですが、その週末、子供ではなく、母親の私が体調ダウンしてしまいました。
自分では、今まで体験したことのなかった長時間(1時間ちょっとですけど)出勤も、これならいけるかなーくらいに考えていたし、お迎えなども順調に行っているようにみえました。ですが、11月からの保育園探しにはじまり、お正月明けからのコウタロウの病院通いなどなど、私は知らないところで疲れていたようでした。

今日(21日)も熱は下がっているけれど、せきが相変わらずひどく、つーらーいーな状態です。ですが、これからはコウタロウが体調不良になったり、怪我したり、いろいろな困難が待ち受けているであろうから、こんな自分の風邪は、山登り(私の趣味です)に例えれば、山道を登り始めた一歩だと思い、その一歩、一歩をクリアしていこう!そう考える今日このごろです。

余談ですが、私の趣味である「山登り」。
なにが素晴らしいって、頂上へ登りつめたときの達成感なんかではなく、まず自分の足を見つめながら、そして素晴らしい景色を楽しみながら、一歩一歩、自分ペースで、苦しみ&楽しみながらも、進むことで目的地へ到達できる・・・そんな飛行機や電車、ロープウェーイでは味わえない体験なのですよね。これって、普通の生活でも当てはまるものがあったりして・・・。
[PR]



by kawa-hira | 2005-01-21 13:11 | 10~12ヶ月

■12ヶ月目■ 最近のあそび

以前、義理のお姉さんからいただいたアンパンマンの車、そろそろ登場させてみようと思い、コウタロウを乗せて走ったところ、とても大喜び★
b0015047_0453913.jpg


じーじはコウタロウの相手して、くたくたのご様子。耳、引っ張って遊んじゃダメよ!
b0015047_0471051.jpg


クリスマスにじーじ、ばーばから届いた絵本のプレゼント。
何よりも1番にウレシイ贈り物でした。ありがとう。
b0015047_0482372.jpg

[PR]



by kawa-hira | 2005-01-12 00:48 | 10~12ヶ月

■11ヶ月目■ お正月

今年は、コウタロウにとってはじめてのお正月になるというのに、保育園探しやらで慌しく、年末年始という雰囲気をまったく感じることができませんでした。

でもやはり初詣はしたいと思い、ずっと行けなかった「水天宮」へ行ってきました。昨年は安産のお参りをし、今回は無事出産できたお礼、これからもどうか見守っていてください・・・とお願いしてきました。
b0015047_0411845.jpg

[PR]



by kawa-hira | 2005-01-12 00:42 | 10~12ヶ月

■12ヶ月目■ Happy birhtday♪

b0015047_035437.jpg
1月11日
去年の今日、コウタロウは生まれたのだなぁ。
保育園のため、朝6時に目を覚ますと、初めて見るような素晴らしい朝焼けが見えました。そうだ去年の今日も、鳥の声がする朝、コウタロウは誕生したのだなぁ。

今日は育児休暇明けということもあり、朝から慌しい1日でもありましたが、自分の誕生日以上に、この1年間を振り返る1日でもありました。
b0015047_0344082.jpg

実家での半年、自宅での半年、慣れない育児で大変なことが多かったけれど、本当に充実した1年でもあり、ケガはしたものの大病にかかることなく過ごせたことを本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
b0015047_032485.jpg

偶然ではありますが、誕生日の前日の10日、コウタロウはスタスタスタ・・・・とどこまでも歩っていきそうなくらい上手く足を動かすことができるようになりました。
これから1年間、またどんな成長を見せてくれるのかな?
[PR]



by kawa-hira | 2005-01-12 00:31 | 10~12ヶ月

■11ヶ月目■ はじめての保育園

ここ数日のケガ事件があったので、少々遅れたものの、1月8日から続けて4日間をお昼まで保育園で慣らし保育しました。(なんていったって、11日から仕事復帰が迫っているもので)

やはりはじめは少々泣きますが、それでも園の中に入ってしまえば、忘れてオモチャで遊んでいるとのこと、とても安心しました。そして私も思っていた通り、保育園の先生方も

「コウタロウ君は活発ですね。あまりに元気なので、驚かされます。」

と連絡ノートに書かれていました。きっと先生方も、コウタロウの動き回り運動にホトホト疲れているのではないかしら・・・?でもお金はお支払いするにしても、こうやって他人の子供を丁寧に面倒みていてくれること自体、本当にありがたいな・・・そう感じました。

今の今まで、こういった施設に預けたことがなかったので、多少の不安はあります。
夫は「コウタロウの泣き顔はツライから、外で待ってる」なんて言っていたけれど、私はただ可哀想とは思わないようにしています。

なぜって、この1年間どころか妊娠時代の10ヶ月だって、コウタロウと私はいつも一緒に仕事に行き、太らないよう階段登りし、ストレスが溜まらないよう散歩し、いろいろなことをがんばってきたのだもの。コウタロウの泣き顔はツライけれど、その分自分もコウタロウが頑張って新しい環境に慣れようとしているのだから、私だって頑張らなくちゃ!・・・初めて預けた日に、実感したことでした。

さぁ、ともに頑張ろうなっ、コウタロウ★
[PR]



by kawa-hira | 2005-01-12 00:17 | 10~12ヶ月

■11ヶ月目■ つ、ついに5歩歩いたゾ!!!

1月2日、実家でじーじがコウタロウと遊んでいたときのこと。急に手を離し、タタタタタ・・・と5歩、(大げさなじーじいわく、10歩以上)歩いたのです!
その後は、コウタロウ自身も何だかウレシイワ!という表情で不安定ながら、数歩を歩きドタン・・・の繰り返しをしていました。今までのハイハイの世界にはない、面白さを彼は感じたのでしょう。

ここ12月下旬から、保育園探しに苦労しており、私自身が余裕のない生活でしたが、この日記を書くことで、コウタロウの数歩の体験は、彼の人生の中でとても大きな成長の瞬間だったのだと改めて気付きました。

コウタロウが生まれてから約1年。
首すわり、寝返り、お座り、ハイハイ、、、、気付けばもう一歩、二歩と歩くようになるなんて、本当に本当に大きな成長です。この成長を、コウタロウは大人になった時には、もちろん忘れてしまっているでしょうけれど、大人になってもこの一歩、一歩進むことがどれだけたくさんの成長を与えてくれるかを、いつの日か感じてもらえればと思います。

b0015047_1424185.jpg

[PR]



by kawa-hira | 2005-01-04 01:42 | 10~12ヶ月

■11ヶ月目■ 1人でタッチ

12月26日、27日、ここ数日、コウタロウはつかまり立ちではなく、1人で足を広げてからヨイショというかんじで、ゆっくり状態を起こし「タッチ」を長い間楽しみます。本当に、本当に、あともう少しで歩き出す雰囲気。
b0015047_1262378.jpg
未だ購入していないデジタルビデオカメラで、早く成長を撮っておかねば。。。
[PR]



by kawa-hira | 2004-12-28 02:36 | 10~12ヶ月

■11ヶ月目■ クリスマス気分を味わおう♪

もう少しでクリスマス♪
当日は夫も会社だろうし、今のうちにクリスマス気分を味わおうと、盛り上がりました。どこの街へ遊びに行っても、夜になるとイルミネーションがキレイで、私たちをワクワクさせてくれます。実家では、ばーばが派手にクリスマスデコレーションをしており、私は新しくクリスマス特集のCDをかけ、家中が楽しい雰囲気です。コウタロウは、案の定 「?」な顔をしていますが、どこかでこの楽しいhappyな雰囲気を感じ取っているに違いありません。
b0015047_255093.jpg

今日は、六本木ヒルズのけやき坂にある、キレイな青白いイルミネーションを見ながら、家族3人で歩き、野外でのゴスペルコンサートを聴き、少し早めのクリスマスを楽しんだ気分です♪
b0015047_256539.jpg

小さな子がいると、遠出や長い外出は辛いけれど、日常のちょとした飾りつけや、季節の移り変わりを観察するだけで、ウキウキ、ワクワクし、発見がたくさんあることに気付きました。
[PR]



by kawa-hira | 2004-12-20 02:56 | 10~12ヶ月

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧