コウタロウ 日記

カテゴリ:*夫婦のこと*( 16 )




*夫婦のこと* 今朝のケンカ

最近は、私自身が生活に慣れてきたのか、あまり夫のいやーな部分にも気にせず、というか、気にしてるヒマがなく、気持ちはいたって平和状態が続いています。

ただやはり朝の慌しい支度時間には、お互いにイラついてしまうようで、今朝もプチケンカしました。朝、1人で優雅にお風呂に入るのもいいんですが、早めに入って、率先してゴミを担当してほしい!そのひと言につきます。

私 「あ!悪いけど、パン食べたら、ゴミ出し準備お願いしまーす」
-ゴミ出し準備を始める夫-
夫 「あれ?今日は何のゴミ?」 (私の内心:いい加減に覚えろよな。何回やっても覚えないなんて、かなり出来悪いわ!ふぅー)
私 「今日は資源ごみだよ」
夫 「資源って、何が資源になるの?」 (私の内心:また言ってるよ。何回も、毎週同じこと、いわせるなよ。分からないなら、ゴミ出しの説明書、冷蔵庫にはってあるじゃん。自分で調べろよなー)
私 「資源は、新聞紙、びん、かん、ダンボール」 (私の内心:いい加減に今回限りで覚えてよね)
夫 「新聞があふれてるじゃん。どうするの?」 (私の内心:ぷっちーん)
私 「この紙袋につめればおさまるでしょ!」

てなかんじで、少し切れてしまったら、夫もどうしてそんな態度とるの?となり、2人は無口に・・・・。でも夜には、さーっぱり忘れてるので、前のようにずっと気まずい雰囲気が続くことはなくなりました。こちらは、保育園の支度や朝ごはん、夜ご飯分にお米を研いだり、自分の支度もあるしでめいいっぱい。なんとか夫が意識を持ってやってもらえるために、何とかよい工夫をしてみようと計画中なり。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-23 01:29 | *夫婦のこと*

*夫婦のこと* プチ切れ②

「コウタロウ日記」が「夫のグチ日記」に変わってしまいそうで恐ろしいのですけれど、もう1つプチ切れなのは、最近、私がコウタロウを寝かしつけたまま寝てしまっていることが多く、そこで起こしてくれるのはいいのですが、起こすのがいつも自分が寝る直前に起こすのを、いい加減にしてほしい!と思ってしまいました。

まぁ、寝てしまう私が悪いのですが、起きてやらなければならないこと、やりたいこと、たくさんあるのに、起こされれば夜中の1時を回っていたりすると、もうそれもできず・・・イライラが募ってしまいました。起こしてくれた夫は、ながーいお風呂に入り、さっぱりし、デザートのアイスを食べ、テレビを見て、気になる車のカタログも見て・・・さ、寝ようっとという状態です。昨日は、コウタロウ用の柔らかめのご飯を炊いたままで、夜中1時すぎにパッキングしたあと、ブログも更新したい、お風呂も入りたい、雑誌も読みたい、新聞も読みたい、コウタロウの保育園の支度もしなくては、ゴミをまとめなくては・・・たくさんあって、気付いたら疲れてしまい、そのまま寝てしまっていました。フゥ。

夫も仕事は大変だけれど、私もやることたくさんあるんだよねぇー。わかってるかな?
今夜は夫に、起こしてくれるのはありがたいんだけど、もっと早く起こして欲しいとお願いしてみよう。
[PR]



by kawa-hira | 2005-07-09 12:46 | *夫婦のこと*

*夫婦のこと* ちょいプチ切れ・・・

先日夫のことも思いやってあげないと・・・と書いた矢先で、とても恥ずかしいですが、またちょっとカチンとくることがあって、この思いをブログに書いてしまおうと思います。

先日仲良く話していたときのこと、何かの話題で、
私が 「私の方が1時間も早く家を出なくてはならないし、間に合いそうもなかったら、コウタロウを保育園へ預けにいってくれたりしないのかなー?」
と質問してみると
夫は 「そりゃ無理だよ。はじめから保育園のことは基本的に自分1人で対応できてなきゃ、預けられないよ。それに、家計だって夫のボクの収入でほとんどまかなってるわけで、こちら優先にしてほしいな」

ここでプチン!と切れてしまいました・・(笑)
収入の多い、少ない順に、優先順位が決まるの?とかなり寂しい気持ちになり、しょぼくれてしまいました。もしかしたら疲れていた私の理解が少しずれてしまっているのかしら?それにしてもムカムカ!

確かにお互いの役割分担は、家事でいえば妻である私が中心に進める・・・ということは理解できるけれど、2人の子供であるコウタロウのことに関しては、生活をスムーズにするためにもお互いに協力しなくては、なかなか上手く進むことはできないと私は思うのですがねぇ。いつも乗りたいと思っている電車に間に合わず・・・出社時刻が遅くなりがちだし、どうにか協力してもらいたいものです。ケンカごしにならず、わたしはこういう理由で大変だから、こうしてほしい、とお願いしてみようと思います、が・・・。
[PR]



by kawa-hira | 2005-07-09 12:35 | *夫婦のこと*

*夫婦のこと* 最近目にする記事・・・

最近、よく新聞で目にする記事があります。それは、男性からみて離婚の原因のひとつに、妻の実家依存が多くあげられているそうです。夫が仕事で忙しく、妻はどうしても実家よりの生活になりがちだといいます。しかし、それが行き過ぎると、夫婦・家族のコミュニケーションが不足したりして、余計に悪循環となってしまうことが多々あるようです。また今は、夫とうまくいかなくなったら、実家に戻ってくればいいという親が増えてるそうで、余計に妻も実家の居心地のよい実家に入り浸りしてしまうケースが多いということです。

こんな内容の記事を立て続けに目にして、なんかこれって私?というくらい近いものがあるかもと思い、少し反省したりもしました。でも大変だったら実家を頼るのは悪いことではないと思いますが、そんなとき、夫の立場や心境も理解してみようという姿勢が大切なのだと思いました。

夫としてみれば、自分は一生懸命働いているのに、妻はグチグチ言うし、離れて実家に行くしで、きっともっと子供のことでも何でも、「家族」という連帯感を感じていたかったり、自分も「家族」に参加しているぞ、自分の居場所、存在はちゃんとあるんだぞと感じていたいのだと理解しました。

他の記事にも書いてありましたが、あまり家族と過ごす時間が少ないところで、いかに「父親像」を作って、自分の存在をアピールするか、今ではそんな心配をする男性に、講座が開かれていたりもするらしい。

↓ここをポチっと押してね♪ b0015047_23262974.gif
[PR]



by kawa-hira | 2005-07-06 00:47 | *夫婦のこと*

*夫婦のこと* 夫婦生活まる1年経過の巻

ここ最近は私たち夫婦もうまく共同生活ができるようになってきたなと感じます。そういえば、夫婦生活を始めて、まる1年が経ちました。ふぅ・・・。お互いの生活パターンを理解し、軌道にのせるのに、まる1年もかかるとは・・・大変なこったと感じます。以前会社にいた新婚の男性が「お互いの生活が落ち着くのに、半年はかかったな。はじめの半年は大変だったよー。」というのを思い出し、やはり全くの違う環境にいた他人同士が一緒に暮らし始めるのは、それなりに大変なこともあるのだなと思いました。

私の場合は、夫婦生活スタートのときにすでに6ヶ月の子供もいたわけで、私の頭のなかはハッキリ言ってパニックだったかもしれません。でも最近ようやく落ち着いてきたことを考えると、育児の面でも、夫婦の面でも、やっと余裕が生まれつつあるのかなと思います。ふぅ・・・。

1年間、よく頑張ったゾ☆ (自分で自分に言い聞かせてます)

↓ここをポチっと押してね♪ b0015047_23262974.gif
[PR]



by kawa-hira | 2005-07-06 00:24 | *夫婦のこと*

*夫婦のこと* 男のこだわり?ただの傲慢?

夫婦・・・というか、またまた夫ばなしとなってしまいますが。
夫と一緒に暮らしはじめて、約1年。それまでは、毎月どのくらいの出費があるのかさえ、つかめていませんでした。毎月やりくりしていくうちに、「あー、保険に入りすぎてるな」とか「車は燃費が悪い車だから、もっと小さめでいいんだよな」とか私なりに、いつも頭をひねって考えてきました。

最近、また車をどうするか・・・という問題があがり、新しい車が欲しいね!という意見は一致したものの、またそこにも考えのズレがありました。私はガソリンをまいて走っているような現在の車をやめ、ガソリン代も、税金も、保険代も安くあがるものがイイと思ったのですが、夫は気分を一新したいという考えが第一のようです。なので、私は中古でもきれいで、多少走行距離はあってもいいやと思っていても、夫は「中古なんてもってのほか!」となってしまうのです。

また生命保険についても、「コレがこうだから、無駄な分は解約を考えよう」と提案する私に対し、「イヤ。それは掛け捨てじゃなくて、貯蓄の意味も込めて続けてるからなー・・・」と反対されてしまいます。でも貯蓄なら貯蓄していけばいい話で、保険に入ったことで、もし途中で解約という手段を選べば、損してしまうことにもなったりして・・・どうして私がこんな心配して提案しているのに、はじめから「ダメ」「イヤ」になってしまうのか・・・。

頭が固いというか、なにかこだわりでもあるのか、ただの傲慢か・・・?ま、気長に考えるとするか。
[PR]



by kawa-hira | 2005-06-24 00:35 | *夫婦のこと*

■夫婦のこと■ 夫婦についての本、読んでみました

少し恥かしいのですが、先日、ネットでお買い物する際に、夫婦のコミュニケーションがよくとれるようになる方法というような題の本を買ってしまいました。その著者は、自分も離婚を経験したことがあり、離婚相談や夫婦のことでの相談などを中心に活躍されている女性ですが、男性の味方でもなく、女性の味方でもなく、相談者の主張を理解しつつも公平に、端的に意見をくださるところがとても好感が持てました。

その本の中に、「自然と夫婦で勝ち負けを決めようと思っていませんか」という問いかけがあり、内心ドキっとしました。確かに相手がどこまで折れてくれるかで、自分があたかも優位な場所に立っているような感覚、そして自分がどこまで折れるかで、自分が敗北者のような感覚に陥ったような経験がありました。本来助け合って生きていくというのが夫婦のはずなのに、お互いの分担をこすりあっている姿は醜かったといえます。

また「話し合いましょうという言葉は要注意」ということも指摘されていました。というのも、例えでいえばマンションの隣の奥さんに突然「話し合いましょう」と話しかければ、いかにも深刻な雰囲気になってしまうのと一緒で、夫にもこの言い回しは注意が必要のようです。この「話し合いましょう」と持ちかける側としてみれば、すでに話し合いたいことも決まっていて、さらにそれに自分が求めている回答も決まってしまっている場合が多く、相手が別の回答をしたものなら、「なんですって?ひどいわ」と感情的になることは目に見えているのです。
理想は、
自分 「○○なんだけどどう思う?」
夫   「○○なんじゃない?」 (そこで違う異見だったりしたら)
自分 「あーなるほど、あなたはそう考えるのね。私はこう考えちゃってたけれど、そういう考えもあるのね。」
という具合で、うまく話し合いが進行していく形がいいのでしょうね。

まだざっとしか、この本は読んでいませんが、たまにはこういう本を読んだりして、別の視点から夫婦について考えることができて、参考になりました。何ごとも、自分がこうだ、と考えることも必要ですが、本や人の意見、捉え方を知ることは、自分の頭を柔軟にしてくれるものだと感じました。
[PR]



by kawa-hira | 2005-05-22 01:58 | *夫婦のこと*

■夫婦のこと■ 夫への意見箱

先日大ケンカ&プチ家出事件から、私も夫も互いに反省し協調しつつあった1、2週間。しかし、生理前ということも手伝って、いくら協調といってもやーっぱりイライラ心が芽生えたりもしました。まだ箇条書きにして夫への意見をまとめていなかったので、ここいらでまとめてみようかと思います。(私の単なるメモのようなものでもあるので、流して読んでやってください)

◆基本的な挨拶
これはお互い心がけなくてはいけないですが、「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえり」そして1番大切な「ありがとう」「ごめんね」は、気持ちよく素直に声に出したいものです。

◆何かを頼むときは言葉で
ごはんのおかわりなどのときなど、人に何かを頼むときは人間なんだから口で伝えあいたいもの。「おかわりもらえる?」とか「お願いできる?」とか。いつもはどうかというと、気付かない私もダメ妻かもしれませんが、茶碗をのぞき込み→私の顔を見る→茶碗をのぞき込むというしぐさをします。はじめてこれをされたときは、「カッチーン」と頭の中で音がしました(笑)そしておかわりの茶碗を持っていくと、「あ、うん」とか「サンキュー」とかなしで、無言でまた食べ続けたりして、かなりムっとします。これは今も進行中のお話です。あーイヤだ、イヤだ。

◆ゴミはゴミ箱へ、洗濯物は洗濯カゴへ
ゴミをテーブルに置きっぱなし、洗濯物もイスにかけっぱなし、かたずけたかと思うとまたテーブルにゴミ置きっぱなし・・・の繰り返し。ちょっとしたことでも、繰り返しされるとかたずけるだけで時間を要してしまい大変です

◆特に育児は自主的に行動してほしい
毎日、数十回と「これやって」「次はこれして」と頼むのもしんどくなってしまうこともあります。毎日繰り返しているのにナゼ学習しないの?と。今はよくやってくれるようにはなっていますが。
以前コウタロウのお食事机が汚れていたら、忙しい私に「汚れてるよー。拭いておこうよ、すぐに。」と言われたのですが、気付いたら自主的にやってほしいものです。

というかんじで、まだたくさんあった気がしますが、ここ1、2週間はお互い気を使いながら過ごす事ができましたが、やはりまだ改善の余地ありというかんじです。お互い忙しくて話し合いもできませんが、ちょっとしたときにやわらかく提案してみようかと思います。
[PR]



by kawa-hira | 2005-05-22 01:10 | *夫婦のこと*

■夫婦のこと■ 「夫婦」って・・・

面白いもので、今回のブチキレ事件から、「夫婦」について考えさせられることが偶然と重なりました。両親もしょっちゅうケンカして、「あーまたか」というかんじで、いつのまにか元に戻ることが娘の私でも分かっているのに、自分たち夫婦のこととなると、「もうぜったいイヤ!仲直りなんて」と思ってしまう・・・けれどやっぱり元に戻るようになっているのかしら?
-------------------------------------------------------------
*映画 「Shall we dance?*
先日夫と2人で観に行った外国版 「Shall we dance?」。帰りが遅くなる夫を気にする妻が探偵を雇い調査にでます。探偵の人とたわいもない会話の中で、「夫婦」にいついて話しているときのこと。彼女が「なぜ人は結婚するかって?人の一生なんてチッポケなもので人間は孤独な生き物だけれど、結婚してお互いがお互いの生きた証を見つめ合っていくことができる。」というようなセリフがありました。

全くの他人が一緒になり、暮らしていくことは、決していいことだけじゃなく、ケンカや辛い出来事のほうがもしかしたら多いのかもしれません。でも反対に自分たちの小さな歴史をつくりながら、長い時間のなかで目に見えない絆や幸せを作りあげていくことができるんですね。素敵な大プロジェクトだと思いました。
-------------------------------------------------------------
*おばさんたち2人の会話*
このプチ家出の帰りの電車で、朝から泣いたり、母にグチこぼしたりでとーっても疲れていた私は、ウトウト眠りにつきそうでした。と、私のとなりにいたおばさんたち2人の会話がどうも面白くなってきてしまい、目がパッチリになってしまったのでした。

「ねぇ、あなた。結婚する・・・つまり人を頼りにするってことは、自分も相手を受け入れたり、自分も主張したりしなくちゃならなくて、大変なことなのよね。でも子供ができるかもしれない、共有のペットを飼うかもしれない、お互いの時間が存在するのよね。孤独じゃないの。
でもね、1人でいる自由で楽な生き方を選んだとしたら、それはそれで「孤独」が待っているのよね。「自由」ってことは常に「孤独」ととなり合わせなのよ。あなたはどっちを選ぶ?」

あたかも、相手のおばさんではなく、私自身に問いかけられているような気がしてしまいました。相手のおばさんは、「私は今は孤独はイヤ。特にこの50代に入ってからはね。」と言いました。でも1人で寂しいから我慢して夫婦でいるという選択ではなく、2人でいるからこそ楽しいこともあり、辛いこともあり、お互いを改善したりすることって素晴らしいことなのでは・・・と私のこころのどこかで感じました。それまでは文句ばかり言っていた私のこころが少し傾きました。
-------------------------------------------------------------
相手が暴力をする、働いたお金を共有してくれない、浮気を繰り返す・・・などどうしようもない場合は早く別の人生を切り開いたほうが良いのでしょうが、カワイイ子供もいて、少しのコミュニケーション不足により、停滞していた私たちですから、一歩一歩頑張ってみようという気分になったのでした。
ひとまず、よかった、よかった。デス。
[PR]



by kawa-hira | 2005-05-09 07:40 | *夫婦のこと*

■夫婦のこと■ プチ家出の果てに考えてみた

一瞬コウタロウを置いてきて大丈夫かな、と頭をよぎりましたが、夫に一度も任せて外出したことがなかったし、いい荒療治だと思い、行動しました。結局、お昼から外出して、帰宅したのは夜10時でしたから、プチ?というよりも、1日家出というのでしょうか・・・。

姉や母などにグチを聞いてもらい、少し頭で整理できるようになってきました。ちょこまかしたイライラよりも、根本にある夫婦のあり方のことを考えてみました。

①伝える
やはり言いたいことや不満は整理して、相手に伝えることが大切。(怒った状態でないのがポイントです。怒ってると再びケンカになりますね)そして、不満だけでなく、私もこうしなくてはいけないし、お互いこうして、こういう夫婦を目指したいものね、と伝えることがもっとも大切。

②自分たち夫婦・家族のカタチを考えてみる
今まで結婚、出産、育児とめまぐるしく私たち夫婦の関係も変化し、意識してこなかったけれど、こんな夫婦・家族にしていきたいとお互いに話し合うのもいいのかもしれません。その際に、やっぱり自分の育った環境を再度振り返ったりして、お互いの実家の良い点は取り入れていこう!とアイディアを出すのも相互の理解につながるしいいのかもしれません。

そう。
やっぱり「コミュニケーション」・・・会話なんだな。大切なことって。

今回は、この会話が上手く取り入れずに、私の不満ばかりがつのってしまった。ただ「プチ家出」という私のでた行動が、彼自身もどうしたら良い関係を築くことができるか?・・・考えるキッカケになったのではと思います。あれ以来、ちゃんとコトバで 「いや、これはボクがやるからいいよ」とか言いながら、分担できるようになってきているのは事実です。(これが1週間で終わってしまわないことを祈りますが・・・) でも私のアクションに、反応してくれたのだから良い結果となったことは間違いないのだと信じたいものです。

フムフム・・・・
「夫婦」ってムズカシイなぁ。。。
[PR]



by kawa-hira | 2005-05-09 01:15 | *夫婦のこと*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧