コウタロウ 日記

カテゴリ:*出産*( 2 )




*出産story* ~陣痛室での待機~

夜9時から朝5時までのあいだの約8時間、分娩室でずっと過ごすのではなく、ベッドの用意された部屋で陣痛を繰り返しながら待機しました。まずお腹にベルトのようなものをまかれ、赤ちゃんがちゃんと脈を打っているかどうか、また陣痛の進み具合や度合いが別室の助産師さんに分かるようになっていました。分娩より何よりも、この数時間の陣痛が1ばん辛いものでした。

* 9:00
入院手続きを済ませ、お医者さんにお産の進み具合を診てもらったところ、この時点で子宮口はすでに4cmあいている状態で、「ちょうどいいタイミングで来られましたね。早すぎず、遅すぎずで。」なんて言われました。

* 0:00すぎ頃~
かなり早い間隔(5分に1回くらいの割合だったかなー)で陣痛が進みます。30分おきくらいに様子を見にくる助産師さんには「この分だと朝前に出産かもしれませんね。」と言われ、あー早く楽になりたいよーと思っていました。ただ気を抜くと、もっと時間がかかることになったら、気が持たないと思い、目の前にある「呼吸をひたすら整えること」という課題を必死にこなそうと頑張りました。

よくドラマなどでも出てきますが、「ヒーヒーフー」というのは、呼吸を整え、力まないようにするためなんですね。変な話と思われるかもしれませんが、私は大好きな山登りのときにする呼吸と一緒だわっ!と気付き、ひたすら山を登っていることをイメージしながら過ごしました。この妙な落ち着きのせいか、思っていたほどに辛くなく、助産師さんに「痛いですか?」と尋ねられ、「痛いですよ。」と静かに答える私を不思議そうに見てらっしゃいました。後から「こんなに静かに乗り切っている方で、驚きました!」とまで言われたほどです。

やっぱりイメージ作り・・・というか精神的に安定していることが最もお産で重要なことのように感じられました。私は陣痛がやってくると、夫が山で先頭に立ち、私とコウタロウをリードして「ほら、もうちょっとダゾ!」と言い続けてることと、上にある山小屋で両親や姉、亡くなったおばあちゃん、会社の方もみーんな応援してくれていることをイメージして「ヒーヒーフー」していました。
横で一緒に呼吸をしてくれていた母は、「あー痛いね。ヒーヒーフー。」などと言いながら、飲み物を与えてくれたりしてサポートしてくれました。今思えば、出産を体験済の1番落ち着く存在である母が、私の横で見守ってくれていたからこそ頑張れたのだろうな・・・と感じます。とうてい1人では厳しかったでしょうし、また夫だと気を使ったりして、私自身が集中できなかったと思います。よく夫に立会いを望む方も多いのですが、初めての出産はやはり母で良かったと思っています。

一生に1度しかないかもしれないこの「出産」という体験を、母と分かち合うことができ、幸せです。朝まで寝ずに付き添ってくれて、「アリガトウ」。
[PR]



by kawa-hira | 2004-10-09 15:28 | *出産*

*出産story* ~病院へ行くまで~

こんな私の出産話なんて興味ないとは思いますが、自分の記憶があるうちにこの日記に記しておこうと思います。
何がつらかったって、1月に入り、父の風邪が私に移ってしまったことです。体力勝負のお産なのに、風邪で疲れきっていては臨めない・・・そう思い、必死にうがい、手洗い、安静を徹底し、気合で直そうと頑張りました。ここまで必死に風邪を直そうとしたのは、今回生まれてはじめてだったかもしれません。
-------------------------------------------------------------------
* 1月10日、6:00am
目を覚めるとお腹が痛いな、便秘かな?といった感覚がしましたが、眠いのでお布団に入り、また寝ました。

* 夕方まで
インターネットで、コウタロウの姓名判断結果を読みながら、どの字がいいかなーと熱心に調べていましたが、お昼頃から「もしや陣痛か?」と感じ、メモ帳に陣痛の様子(何分間隔できて、何分続くか)を取りはじめました。そのメモ帳を観察してみると、段々と同じリズムでやってくることに気付きました。15分感覚で、1分間、グーンと重たい痛みが腰のあたりを押しやってきていました。

* 6:00pm
病院へ電話すると、もう1、2時間は様子をみてくださいと言われました。というのも、陣痛がおきて病院へ早めに行っても、その後治まってしまうことも多いらしいのです。陣痛が10分間隔になったら病院へ行く・・・というのが目安のようです。食欲はなかったのですが、母がおにぎりを作ってくれ、「今食べないと、この先食べられないかもよ。」という言葉に後押しされ、むしゃむしゃ食べました。本当にこのおにぎりを食べておいてよかった・・・。母の言ったとおり、次の日の出産まで何も食べませんでした。

* 8:00pm
タクシーで母に付き添われ、病院へ向かいました。陣痛がくると足が進まなくなり、陣痛が終わると歩き出し・・・の繰り返しでやっとこさタクシーまでたどり着いたのでした。
[PR]



by kawa-hira | 2004-10-09 12:25 | *出産*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧