コウタロウ 日記

*ワーキングマザー* 『産んではいけない!』!?

今、会社で一緒に働いている女性が、「これ、おもしろいですよ」と1冊の本を貸してくれました。タイトルは、『産んではいけない!』。
タイトルからして、もう産んでしまった私には、衝撃的ではあったものの、なんでこの著者はこんなことを言うのかしら?という想いを持ちながら、読み進んでいる途中です。

この著者は、出産して子供を育てることがどんなに大変か、ということをずーっと書き並べていて、けっこうあてはまることも多く、「そうそう」なんて思いながら読んでいますが、やっぱり最後に、大変だから「産んではいけない!」というのは、私には受け入れられないことでした。ただ一般的に子育てが大変だ、ということは世間には理解されているものの、制度や環境が整っていない日本では、どれだけ大変か、そして自分の時間を100%使えていたものを、ほぼ100%近く子供にささげていかなければいけない大変さ・・・そんな「大変さ加減」がたくさん書かれていて、体験していない人が理解できるかもしれません。でも大変なこと、面倒くさいことを避けていて、人は成長できるのかな?とも思いました。大変ながら、工夫したりして、進んでいくからこそ、結婚だって、子育てだって意味があるものだと思ったりして・・・。

今の世の中は、「大変なこと」「面倒なこと」「時間がかかること」のようなものが良くないことだと捉えられがちだとつくづく思います。先日起きた事件で、高校に入って、冷たくされるようになり、腹が立って、殺人をしてしまった、というのも、自分が不快な思いはさせたかな?とか、どうしたら楽しく話せるかな?など考えずに、自分だけの一方通行の思いだけが通じないということで、すぐ「腹が立つ」に直結してしまっているように感じます。また「つらい」というような弱い思いを、まっすぐに自分で受止めてこそ、次のステップがあるように思うのですが・・。

だから、この本でも、「こんなに大変ですよ、覚悟してくださいね。でも素晴しいことだってたくさんあります。みんなで、がんばりましょう!」と書いてほしかったなと思ってしまいました。出産や育児は、大変なことですが、独身の女性だってそれぞれの悩みがあったり、男性だって1人1人の大変さがあったり、誰だって、生きていて大変なことは避けられないものです。その大変さを100%受止めすぎると、ストレスがたまったり、病気になったりしてしまうのだから、誰かに協力を得たりして、息抜きを入れるコツを学んでいくことが、笑顔でいられるコツかもしれません。
[PR]



by kawa-hira | 2005-11-21 00:21 | *ワーキングマザー*

2004年1月に産まれた我が家の王子様の成長日記
by kawa-hira
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳

検索

最新のトラックバック

Order viagra..
from Order viagra b..

ファン

ブログジャンル

画像一覧